◆それは秘密です◆


763 名前: 名無しの心子知らず [sage] 投稿日: 04/06/22 02:24 ID:UKpnlgdB
去る11日に出産してきたのですが、帝切だった為に女神にはなれずじまい…
最初は自然分娩の予定だったので陣痛がつくのを待っていたのだが、
中の人がなかなか降りて来ず、緊急帝王切開になりますた。

その日の昼に手術を行うことになり、
助産師に「今この瞬間から何も食べたり飲んだりしちゃダメです。」と言われ、
「え?マジっすか?朝食は牛乳しか飲んでないんですが…(´・ω・`)」とかなり凹み、
手術室へ行き腰椎麻酔をされてから腹を切られてるときに
「もう始まってるんですか?」と聞くと麻酔医に「それは秘密です。」と言われ、
赤サン誕生の瞬間にはガラにもなく号泣したんだけど、
泣くと鼻がつまるので酸素吸入の管がまったく役立たず状態になってしまい、
腹をホチキスみたいなのでバチンバチン留められながら「もう少しだからがんばってねー。」
と言われても意識朦朧としてほとんど医者の言葉に反応できず、
術後部屋に戻ってからも助産師の点滴の説明やらなにやらも
寝てたためにまったく覚えてなかったです。

後日、授乳中にぶんぶん室からすごい悲鳴が聞こえてきたとき、
「ああ、私は出産を語る資格はないのだな。」
となんとなく思ってしまった。
あの悲鳴を聞いたら私の陣痛なんて髪の毛の先ほどでもなかったのだろうな。


767 名前: 名無しの心子知らず [sage] 投稿日: 04/06/22 03:37 ID:nhJQKfah
>>763
陣痛が酷けりゃ偉いわけじゃない。
あなたは頑張った!

773 名前: 名無しの心子知らず [sage] 投稿日: 04/06/22 08:54 ID:QF7gzEQW
>>763
>腹を切られてるときに「もう始まってるんですか?」と聞くと麻酔医に
>「それは秘密です。」と言われ
禿藁。


入り口へ