◆寝癖当直医◆


766 名前: 名無しの心子知らず [sage] 投稿日: 04/06/22 03:12 ID:Xqj/IQcA
夜中、病院に到着して「この分だと昼頃になるかな〜」の言葉を信じて陣痛室へ。
痛みの真っ最中は「頼むー気絶させてくれー気絶した方がマシー」と叫び狂い
波が引くと「ウーロン茶よか水の方がんまいね!」みたいな事を言ってたらしい。

早朝、これは本気でヤバイ。もう持たないよ…と思っていたら検査の為に助産婦様降臨。
「いきみたいでしょ?」なにぶん初産なものでこの状態が「いきみたい」なのか良くわからないw
車椅子が用意されぶんぶん室へ移動。

まだ破水もしていないし、ここからが長いのだろうと覚悟を決めると
仮眠室にいるはずの当直医が電話に出ない、と助産婦様2名が言い争っている。
「もういい!私が破膜します。」
ベテランの助産婦様が注射器のようなものを手にしてるのが見えた途端破水。
2名の助産婦様のリードが上手かったおかげで大騒ぎする事もなく順調に出産…
かと思いきや、そこに寝癖をつけた当直医登場。

「まずはその寝癖を直せ!お前なんかに絶対に触らせない!」

廊下に響き渡る声で啖呵を切ってたそうです…恥ずかしすぎる(´・ω・`)

出産そのものより、癒着した胎盤様剥離、縫合の方が痛かったなー
無意識の信頼感っていうのも関係あるのかもしれないけど、
剥離も縫合も寝癖当直医の仕事だから、痛い痛い言いまくってしまったよ。


768 名前: 名無しの心子知らず [sage] 投稿日: 04/06/22 03:38 ID:XStTCB0/
>>766
お、男前ですな。お医者さんの反応キボン


771 名前: 名無しの心子知らず [sage] 投稿日: 04/06/22 08:14 ID:Xqj/IQcA
766です〜
>>768
廊下で待っていた旦那の話だと、寝癖当直医がぶんぶん室に入るまでは
「次の波でいきみましょうね〜上手ですよ〜」と助産婦さんの声しか聞こえなかったそうな。
大声の啖呵wが聞こえてからは獣のような唸り声が聞こえてきて相当怖かったらしいです。

確かに鼻の下にテープで固定してあったはずの酸素吸入のチューブが
赤の産声が聞こえた時にはあごの下にプラプラしてた事や目の周りの毛細血管が
切れてた事を思うとどうやら当直医が来たあたりから必要以上に暴れた模様です…
天敵扱いしてごめんなさい、お医者様。
処置をしてる時、二人の助産婦さんが両側から押さえつけるようにして
「大丈夫よ〜大丈夫よ〜」と暴れ馬を宥めるようにしてくださいました。
翌日の診察の時、助産婦さんが破膜処置をした事について等々院長先生にお詫びをされましたが
居たたまれなさでシドロモドロになってしまいましたよヽ(`Д´)ノウワァァン!!

772 名前: 名無しの心子知らず [sage] 投稿日: 04/06/22 08:20 ID:Xqj/IQcA
あ、書き忘れた。
>>771補足
お医者様は終始苦笑いでした。
「いっぱい切れたの?どうなの?ガルルルル〜」などと詰め寄る私に
「普通ですよーあともう少しで終わるからじっとしててくださいねー」とプロのお返事。
本当に自分の言動に反省しきりです。


入り口へ